koudenpaのブログ

趣味のブログです。株式会社はてなでWebアプリケーションエンジニアをやっています。職業柄IT関連の記事が多いと思います。

AWS App Runner 振り返り 2022

典型的なWebアプリケーションをホスティングするにあたっては何も考えなくても良しなにやってくれるPaaS が好みで、AWS App Runnerはリリースされた前後から多少注目していた。

所感のまとめ記事を書いてからは積極的触れてはこなかったのだけれど、半年も経っているのでその間の出来事を含めて振り返って今後どのように付き合っていくのかを考えてみたい。

koudenpa.hatenablog.com

なお、その間も公開されているロードマップはなんとなく眺めていたり、仕事でAWSを扱っている関係上関連する情報は小耳に挟んでいた。

振り返る前の印象としては、まだおもちゃではあるものの継続して改善はされている。ただしリリース時に当然のようにあってしかるべきな機能も揃ってはいない。実用には厳しい。といった感じだ。

この記事は Calendar for AWS App Runner | Advent Calendar 2022 - Qiita の4日目です。

昨日は AWS App Runner を AWS CDK で構築する でした。

  • 気になりどころはどうなったのか?
    • アクセスを制限できない
    • サイドカーがつけられない
    • 安全簡単に認証情報をコンテナに渡せない
    • やっぱ自動デプロイに金取られるの納得いかねー
    • 一時停止中は何もできないぞ気をつけろ
    • WebSocketはサポートされていないぞ気を付けろ
    • それでも使ってなんだか変な動きをしたら? サービス自体を再作成
  • Just Shipped なロードマップ要素
  • 振り返ってみて
続きを読む

masawadaをたたえる歌

「masawada」という歌を
贈りますよ

君が大好きで
僕の世界は
輝き続ける

まさわだという
君の名を
永遠に歌おう

心に深く
刻み込んで
愛し続ける

どんな時も
君のことを
想い続ける

夢を見て
希望を抱いて
歩んでゆこう

ずっと一緒に
幸せな時間を
過ごそう

「masawada」という
君の名を
永遠に歌おう


作詞の様子

chat.openai.com


この記事は masawada Advent Calendar 2022 - Adventar の4日目です。

水星の魔女のヒロインがスカートではない理由

「可動プラモデルにとって難しいから」

色んな理由があるのだろうけれど、冠スポンサーの商品展開的にはこれなんじゃないかなぁ。

g-witch.net

bandai-hobby.net

いわゆる美少女プラモデル向けにデザインされているキャラクターってほとんどスカートを履いていないんだよね。

どう工夫しても可動範囲が狭くなる。

それでもどうにかして可動プラモデルにスカートを履かせる場合のアプローチとしては以下辺りがある。

諦める以外の選択肢は大幅なコスト増要素なので、バンダイの戦略とマッチングしないんだろう。

可動プラモデルにする前提でキャラクターデザインできるなら、可動に向いたデザインすればよい。

この考えが正しいと、可動が難しそうなデザインのキャラクターはプラモデルにはならない、ということである。

g-witch.net

一押しキャラのグエル君、どう見ても可動向きではない。

無念すぎる。

歯科用UVレジンの硬化熱で暖をとる

先日歯医者で虫歯の治療を始めた。

取り合えず軽微な虫歯を削って、樹脂注入。軽微な虫歯に関してはこれで完了。子供のころ(ざっくり30年くらい前)と比べたら文字通り隔世の感がある。

軽微な虫歯治療今昔

  1. 虫歯を削る
  2. 歯型を取る
  3. 歯型に合わせて銀歯を造型する(歯科技工士が)
  4. 銀歯を詰める

銀歯の造型中は仮の詰め物をしておく。この間2週間以上はかかっていたのではないか。銀歯を外注でなく自分のところで作っていると早いとかはあるかもしれない。

  1. 虫歯を削る
  2. 樹脂を詰める(歯科医師が)

この間30分程度。

虫歯治療の技術

樹脂は削ったところにクリーム状のものを少しずつ充填しながら紫外線を当てて硬化させる。そのため、ある程度原形を保っている歯にしか使えない。なので軽微な虫歯への治療になる。

原形をとどめていない歯の治療には相変わらず被せ物造型の時間がかかると思いきや、これも1日で済んでしまうらしい。

  1. 虫歯を削る
  2. 歯型を3Dスキャンする
    • ペン型のスキャナを口の中で動かすっぽい
  3. 被せ物のデータを作成する
    • 自動生成を人間が補正する様子
  4. 被せ物を3Dプリントする
    • セラミックとのこと
  5. 成型された被せ物をを被せる

メーカーのサイトではこの間1時間とされている。早い。

www.dentsplysirona.com

模型の技術

昔から模型製作に使う材料や工具は虫歯治療のものと隣接していた。

超高トルクのリューターはあこがれだし、UVレジンだって模型用に開発されたものではない。

3Dスキャンからの3Dプリントもやってる人はいるんだろうな。

そんなことを「樹脂充填中口の中が暖かかったのはUVレジンの硬化熱だったのだろうなぁ」と思い出しながら物思いにふける冬だった。

おすすめ技術書:暗号解読

方々で暗号解読はよいと言っているけれど、記事にしてなかったっぽいので書いておく。

www.amazon.co.jp

これで暗号のなんたるかを知った。いわゆる「技術書」ではないけれど、暗号の入門書としてとてもおすすめ。

古今東西の暗号にまつわるドキュメンタリーのテキスト化作品で、性質上強烈なインシデントの実例も知れる。

読んでいくと暗号は運用が大事であることが身に染みると思う。

20年以上前の本だけれど、現在との差分は楕円曲線暗号が実用されるようになったくらいだろう。未来の量子暗号についても記述がある。2020年代にリメイクや追記がされるとしたら、ブロックチェーンは取り上げれそうな気がする。

とにかくおすすめ。落ちはない。

  • 身に染みるとこういう事を考えるようになる
  • 暗号解読推しの様子
続きを読む

ダイの大冒険の立体物展開まとめ

ダイの大冒険のアニメが無事完結し、関連商品の展開も一段落したところだと思う。 観察したり購入を検討したりしていたもののうち、特に好きな立体物についてまとめておく。

  • これまでの記事
  • 展開まとめ
    • 玩具流通
    • 食玩流通
    • 模型流通
    • プライズ
    • アクセサリー類?
    • オンライン限定?
  • 総括
続きを読む

マイニッパー

nippper.com

nippper、読んでいてるとプラモデルを組みたくなるいいサイト。

ではなく、工具としてのニッパーについて。

カジュアルなプラモデラーにとって一番重要な工具はニッパーだ。昨今のキャラクタープラモデルはニッパーでパーツをゲートからカットして組み立てるだけでかっこ良く仕上がる。他は要らないと言ってもよい。

そんなニッパーはそこそこの本数が手元にある。ITエンジニアにとってのキーボードのようなものだろうと思う。最近少し使い勝手を再確認したのでまとめておく。

  • レギュラー
    • そこそこいい感じに切れて安心な厚みの普段使い
    • 少し気合い入れて二度切りするときの薄刃
    • 綺麗に作りたいときにスイッチを入れるための片刃
  • 非レギュラー
  • 余談:擬音
  • はじめてのニッパー
続きを読む