koudenpaのブログ

趣味のブログです。職業柄IT関連の記事が多いと思います。

セスタスのために嵐を購読する

10年以上前から、ファイブスター物語が載っている号だけNewtypeを購入している。とにかく早く読みたいからだ。

先月から、拳奴死闘伝セスタスを読みたいがためにヤングアニマル嵐を購入するようにした。とにかく早く読みたいからだ。

先日、7巻を遅ればせながら読み「やはり面白いなぁ。ザファル先生は最高だなぁ」と余韻に浸っていたところで奥付を眺めて衝撃を受けた。

「毎号掲載されている……」

無印アニマル時代からは考えられない状況である。

毎月セスタスが読めるとか最高じゃないか? と、セスタス目当てに嵐を購読することにしたのだった。

続きを読む

クライアントサーバアプリケーションへの回帰

先日、自社でAWS上でのサーバーレスをテーマにしたイベントがあって、後ろの方で冷やかしていた。

その際、自社の人間と駄弁っていた内容が印象に残ったので所感と合わせてメモしておく。

続きを読む

Bitbucket Pipelines で PHP のプロジェクトを Deployer する

お久しぶりです。 この半年間 FA:G の沼にはまりかけたりしていましたが、コードもそれなりに書いていました。

IoTのTの字は全くないですが、何故かPHPです。

さて、日ごろから1銭も払わずにGitのプライベートリポジトリを使わせていただいており非常に感謝しているサービスに Bitbucket Cloud があります。

いい加減ローカルマシンで Deployer のデプロイコマンドを叩くのに飽きたので、いわゆるCDしてやろうかと CircleCI と接続できる Bitbucket にリポジトリを持ってきました。

そうしたら、Bitbucketにもコードパイプラインが用意されていたんですね。 んじゃぁ、デイリーアクセス数十ヒットのこのBlogで紹介してユーザー数増加に貢献してやろうと思った次第です。

bitbucket-pipelines.yml

Bitbucket Pipelines は他のCIサービスよろしく、リポジトリ直下に bitbucket-pipelines.yml というCI設定を宣言したファイルを配置することで動作するようです。

詳しくはドキュメントを読んでください。 自分はろくすっぱ読まずに Try And Error してデプロイしました。

なので、以下の設定は相当に眉唾です。

皆さんは default(リポジトリ内容変化時に常に行われるビルド)にはいい感じのテストタスクを宣言してください。

この例では staging ブランチにPRがマージされたらデプロイ、のようなことを宣言しています。

deploy.php が既定の位置に配置されていれば -f 引数は要らないですね。

image: php:7.1.1

pipelines:
  default:
    - step:
        script:
          - ls -la ~/.ssh
          - cat ~/.ssh/config
  branches:
    staging:
      - step:
          script:
            - apt-get update
            - apt-get install ssh -y
            - curl -LO https://deployer.org/deployer.phar
            - chmod +x deployer.phar
            - ./deployer.phar -f=./front/deployer/deploy.php deploy staging -v
            - ./deployer.phar -f=./admin/deployer/deploy.php deploy staging -v

Errors

私が見たエラーたちです。

Deployerのバージョンが上がっていた

[Error] Call to undefined function Deployer\server()                           
 #0                                                                             
 phar:///opt/atlassian/pipelines/agent/build/deployer.phar/src/Deployer.php(309)
 : require()                                                                    
~~                    
 require('phar:///opt/atl...')                                                  
 #5 {main}                                                                      

ハァ? という感じのエラーが吐かれて意味不明だったのですが、 何のことはなくDeployerのバージョンが上がった際に破壊的な変更がいい感じに行われていただけでした。

さすがメジャーバージョンアップデート、後方互換なんて一切気にしてないぜ。

Servers to Hosts server($name, $hostname) to host($hostname)

ssh コマンドがインストールされていない

[Deployer\Exception\InitializationException]  
Failed to initialize ssh multiplexing         

の様なエラーが出たんですね。 image の選定がイケてないのかもしれませんが、Deployerを動かすんだから、とPHPのビルド向けの php:7.1.1 を指定したら、ssh コマンドがインストールされていないようでした。

ssh コマンドのインストールを宣言して回避しました。 なお apt-get の update を行っておかないと install には失敗するようです。

別にエラーではないのですが、Pipelinesのビルド時にはリポジトリの設定で指定したSSHキーが以下のように配置されているみたいです。 これによってSSHコマンドのデフォルトに指定した鍵が使用されます。

ls -la ~/.ssh
total 16
drwxr-xr-x. 2 root root 4096 May 26 17:31 .
drwx------. 1 root root 4096 May 26 17:31 ..
-rw-------. 1 root root   56 May 26 17:31 config
-rw-r--r--. 1 root root 1606 May 26 17:31 known_hosts

cat ~/.ssh/config
IdentityFile /opt/atlassian/pipelines/agent/data/id_rsa

known_hosts

にBitbucketが入っていなくて、リモートマシンでの git clone が失敗していました。

いろいろダメだった気がしますが忘れました。

コスト

こんなところでしょうか。

Deployerの実行自体は基本的には以下の3行のスクリプトで行えるので、後はプロジェクトの事情に応じて周辺設定、宣言を適宜行っていけばいいと思います。

            - curl -LO https://deployer.org/deployer.phar
            - chmod +x deployer.phar
            - ./deployer.phar deploy

正直PipelinesでDeployerするのにかけた時間と毎回コマンドを手で叩く時間の総計では、前者の方が長い結果になる気がするのですが、叩かなくてよくなる、というのはいいですね。

Bitbucket Server(Stash)にもくっついてこないかなぁ? 標準添付だと何かと便利そうなのだけれどコンテナを実行できる環境とかないと無理だし、ないかな。欲しいんだけどなぁ。

そんな感じでした。

さくらのクラウド オブジェクトストレージにAWS SDK for .NETで接続する

ときに、素直にはいかなかったのでメモを残しておく。

さくらのクラウド オブジェクトストレージのバージョンは記事の日時現在、 SDKのバージョンは 3.3.5.3 だった。

“AWSSDK.S3”: “3.3.5.3”

概ね以下のような記述で接続できるクライアントを構成できた。

// デフォルトの AWS4 に対応していないのでv2を使う様に設定する
AWSConfigsS3.UseSignatureVersion4 = false;
client = new AmazonS3Client(
    new BasicAWSCredentials(key, secret),
    new AmazonS3Config()
    {
        ServiceURL = endpoint,
        // XXX この設定は間違っているか無視される
        SignatureMethod = SigningAlgorithm.HmacSHA1,
        SignatureVersion = "2"
    });

記事現在の AWS SDK for .NET に関するドキュメントはバージョン3ではなく2で書かれていて、 そこではシグネチャの既定のバージョンは2なようだ。

そのため、逆に4を有効にするような案内が載っていたりするが、罠なので気を付ける。

AWS SDK、CLI、Explorer の使用 - Amazon Simple Storage Service

S3 クライアントを作成する前に、コードに以下を追加します. AWSConfigs.S3UseSignatureVersion4 = true;

逆や。

これに限らず、もろもろのバージョンは後から不一致に気が付くとなかなか切ない思いになる。

巡察艦ゴースロスの個室で主計修技館の規則を読んでいたジント君の気分を垣間見た。

KUSANAGIユーザグループ東京 第1回勉強会

KUSANAGIユーザグループ東京 第1回勉強会 - connpass に参加してきた。

kusanagi-ug-tokyo.connpass.com

一応KUSANAGIユーザーだし、前々から少し記事書いている通り興味のあるプロダクト? なので、どういう人達が作ったり使ってりしているのか興味もあったので丁度よかった。

だいたい空気はこんな感じだったようだ。

#kusanagiug since:2017-01-25 until:2017-01-28 - Twitter Search

作ってる人らと多少話して、ああいうエッジが効いたものになっている理由がなんとなくわかった気がする。

アンテナを全く貼っていない恥ずかしい自分にとっては、ユーザーグループのページとフォーラムが開設していた事を知れたのも良かった。

LAMPWordPressに関するノウハウを色々持っている人らが主催、関係しているので、 その辺に興味がある場合は悪くないユーザーグループ&勉強会なのではなかろうか。 (当然、KUSANAGI使いましょう、と営業は受けるが)

活用していくうえでぶちあたった課題には、中の人が丁寧に回答していてくれた。

中の人……そう、ユーザグループ勉強会とはいいながら、5/6が関係者という、 初期にはありがちな感じもする状態だった。 UGとしてそれはどうなんだ? という感じもするので、今後は多少なりとも自分も発信したいなぁ。 と思った次第。

なんか思ったら脊髄反射でツイートしたり、なんぼかこのBlogに書いたりしちゃってるので、 特にスライドを用意するようなことが貯まらない可能性は高い。 がまぁ、その辺は流れで機会があればと思う。

そんな感じ。


追記。

一番盛り上がってたのは、勉強会の日程を間違えた方が、ビデオ通話で「ごめんなさい」してたところでした。

KUSANAGI(というかWordPress)をGoogleDriveにバックアップする

人として、VPSの外にバックアップを取りたかったので取った。

別にどこにとっても良かったのだけれど、なんとなくGoogleDriveにした。

ぐぐったらLinuxで便利に使えるクライアントが出てきた。

takuya-1st.hatenablog.jp

インストールと認証は済ませておく。

バックアップ用のディレクトリを作る。

# gdrive upload --recursive /home/kusanagi/bkup/
Creating directory bkup

作ったディレクトリのIDを確認する。

# gdrive list
Id                                             Name                 Type   Size       Created
idstring                   bkup                 dir               2016-12-21 hh:mm:ss
.
.
.

適当にバックアップして同期アップロードする。

#!/bin/bash

gdriveid="idstring"
bkversion=`date +%u`
bkdir="/home/kusanagi/bkup/"
wpdir="/home/kusanagi/hoge_html"
sitebkfile="${bkdir}wp-${bkversion}.tar.gz"
dbbkfile="${bkdir}db-${bkversion}.sql.gz"

rm $sitebkfile
rm $dbbkfile

mkdir -p $bkdir
tar czf $sitebkfile $wpdir

 mysqldump -u root -ppassword dbname | gzip -c > $dbbkfile

/usr/local/bin/gdrive-linux-x64 sync upload $bkdir $gdriveid

CRON仕込む。

# crontab -l
07 03 08 */2 * /usr/bin/kusanagi update cert hoge_html
30 04 * * * /root/script/backup.sh
# ls /root/script/backup.sh
/root/script/backup.sh

ちゃんと動いているかは数日後に確認する。

眠いので寝る。

なお、もっといい参考ページがたくさんあります。

http://www.yoshihiro.asia/archives/172www.yoshihiro.asia

knowledge.sakura.ad.jp

こけてた

2016/12/23追記。

CRONはうごいていて、バックアップはされていたけれど、GoogleDriveに同期されていなかった。 (Dec 23 19:48 は手でスクリプト実行した分) ツールが資格情報見失ってるとかかな。

# ls -l /home/kusanagi/bkup/
total 63972
-rw-r--r-- 1 root root   107650 Dec 21 04:30 db-3.sql.gz
-rw-r--r-- 1 root root   115290 Dec 22 04:30 db-4.sql.gz
-rw-r--r-- 1 root root   117770 Dec 23 19:48 db-5.sql.gz
-rw-r--r-- 1 root root 21700719 Dec 21 04:30 wp-3.tar.gz
-rw-r--r-- 1 root root 21717966 Dec 22 04:30 wp-4.tar.gz
-rw-r--r-- 1 root root 21732399 Dec 23 19:48 wp-5.tar.gz

github.com

多分これかな?

フルパスにしてまた様子を見よう。

2016/12/24 追記。

フルパスにしたらOKだった。 (コードスニペット修正済)

CRONでスクリプトを実行した際に、gdriveのファイル名だけ指定して実行していたところ、パスが通っていなかったようだった。 フルパスで実行ファイルを指定したところ問題なく完了した。

ESP8266をリモコンする~204の衝撃~

差し出がましくも ESP8266/ESP-wroom-02 Advent Calendar 2016 - Qiita 参加記事です。

長々と書いていますが、要はこのツィートを太らせただけです。 サンプルコードは後ろの方に貼っておくので、そこだけ気になる方は飛ばし読みください。

続きを読む