読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

koudenpaのブログ

趣味のブログです。職業柄IT関連の記事が多いと思います。

歯に見るITシステムとの類似性

雑記

先日、銀歯が取れてしまったので、歯医者に処置してもらった。 手際がとても良くて感服した。

自分はITエンジニア脳なので、実世界の事象をどうしてもITシステム的に考えてしまう。 今日歯からのメッセージのログレベルを夢想していた。

  • 歯が黒ずんだ
    • WARNING
    • 放置するととんでもないことになる
  • 歯に衝撃を与えると痛い
    • ERROR
    • 虫歯である、対応が必要
  • 歯が痛い
    • FATAL
    • 致命的な虫歯である、すぐに対応しないと日常生活を送れない
  • 歯が抜けた
    • ログは出ない
    • システムが落ちた

こういう例えを夢想するのはとても楽しい。

余談。 歯医者の対応、応答。

  • 電話する
    • 銀歯が取れて、取れたものはなくなった(多分飲んだ)と伝える
    • 空いている時間に予約を入れてもらう
  • 歯医者に行く
    • 急患扱いだった

以下診察。

  • 歯を見る
    • カルテを更新
    • 銀歯がとれた跡に虫歯あり、隣に小さな虫歯あり、を伝えられる
    • 銀歯跡は削って型どり、隣は削って樹脂充填を伝えられる
    • OK応答する
  • 削る
    • やや響く
  • 充填する
    • 詰めて、光を当てる
    • バリを磨き落とす
  • 型を取る
    • 噛み合わせチェック用? の固いやつ
    • 造型用の柔らかいやつ
      • ガキの頃のより味がしない気がした
  • 終わり
    • しみなかった?
    • 多少しくしくしました
    • 神経入ってる歯だからそれは正常
    • うっす

一週間後には銀歯が出来上がって、それをはめたら終わりとのこと。

ここから分かること。

警告レベルで対応すればすぐ終わる。 削って、詰めて、磨いて終わり。五分。

以前致命的になってから歯医者にかかった時には、神経抜いて、処置して、処置具合の経過観察したりして二ヶ月位はかかった。

何事も早期対応が重要である。